このページを編集する

二十四節気と季節の着物合わせ

[ 2020年10月24日 02時42分 ]

霜降(10月23日)のころの着物合せ

10月23日は霜降(そうこう)です。
標高の高い山々は赤く色づきはじめ、
北海道、東北、甲信越では紅葉の見ごろを迎えたところもあるようです。

富士山だけでなく、標高の高い山々で
初冠雪の便りも届きはじめました。

空気が澄んだ、過ごしやすい秋の日は
年々短くなっているような気がしますが、
晴れた日には晩秋のコーディネートで、
アートやクラシックコンサートの鑑賞など
芸術の秋を楽しみたいですね。

…◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎ ●

霜降のころのきもの合わせ

きもの/袷
帯/経錦、綴織、螺鈿、組帯、唐織、佐賀錦などの袋帯 塩瀬、縮緬などの染帯
名物裂、刺しゅう、すくい織などのなごや帯
長襦袢/袷
半衿/塩瀬、縮緬 帯揚/綸子、絞り、縮緬

◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎ ●

11月に着たい文様

散り紅葉、吹き寄せ、山茶花(さざんか)、唐草、松葉、菊、
枯山水、鶴、雪輪、雪吊り、蓮根、柚子(ゆず)

◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎ ●

3faf91a18cfa826a0e6d8ef7244c8e23_s.jpg