このページを編集する

二十四節気と季節の着物合わせ

[ 2021年08月07日 00時42分 ]

立秋(8月7日)のころの着物合わせ

8月7日は立秋です。
夏のピークを迎える時季。
立秋を過ぎると夏の名残、残暑となります。

あまりの暑さに「立秋」と言われても……
という気分ですが、秋は少しずつ近づいています。
我が家の庭には、秋桜の芽が出てきました。

季節の移ろいを感じやすいのが雲の形。
今はもくもくと大きく盛り上がった入道雲ですが、
しばらくすると秋の季語にもなっている
いわし雲、うろこ雲、ひつじ雲が見られるようになります。
でも、これらの雲を見たら要注意。
その翌日または数日後から天気が崩れるそうです。

とはいえ、この暑さはもうしばらく続きます。
水分と塩分をこまめに摂って、
熱中症にならないよう気をつけたいですね。
また、夏の疲れで免疫力が落ちがちなので
バランスの良い食事を心がけましょう。

◎-------◎-------◎-------◎-------◎-------◎-------◎

立秋のころのきもの合わせ

きもの/絽、紗、紗紬、縮、上布などの薄物
帯/絽、紗、麻、羅、紗献上、絽綴、絽塩瀬などの夏帯
長襦袢/絽、麻、レースなど
半衿/絽、麻 帯揚/絽 帯締/夏用

◎-------◎-------◎-------◎-------◎-------◎-------◎

5163885_s.jpg