このページを編集する
問い合わせ

二十四節気と季節の着物合わせ

[ 2020年07月07日 00時10分 ]

小暑(7月7日)のころの着物合せ

7月7日は小暑(しょうしょ)です。
梅雨明けが近く、暑さが強まるころ。
小暑から立秋(8月7日)前までが暑中見舞いの時期です。


小暑を過ぎると、南から梅雨明けの便りが届きます。
梅雨が明けると本格的な夏の到来。
今年の夏は例年よりも暑くなるという予測が
気象庁はじめ気象予測関連の会社から出ています。
さらに新型コロナ感染症対策の影響で、マスク熱中症など
例年以上に暑さ対策が大切になってきそうです。


夏場の着物の暑さはどうしても避けられないもの。
夏用下着を着たり、補正タオルに保冷剤を忍ばせたりと
いろいろと工夫をしても、間に合わない日もあります。
暑さでぐったりした体をよみがえらせるには、
まず首まわりを冷やしましょう。
さらに手首や足首を冷やすと、より効果的です。


補正の仕方や帯の締め方など、
着物を涼しく着る裏技はまだまだたくさんあります。
着物でお出かけするときの熱中症対策は、
ごひいきの専門店にご相談を!


…◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎ ●

小暑・大暑のころの着物合わせ

着物/絽、紗、紗紬、縮、上布などの薄物
帯/絽、紗、麻、羅、紗献上、絽綴、紗紬などの夏帯 
長襦袢/絽、麻など
半衿/麻、絽 帯揚/絽 帯締/夏用

…◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎ ●


860bac47a2e79d6c2acd3fe69e508a69_s.jpg