このページを編集する
問い合わせ

二十四節気と季節の着物合わせ

[ 2020年06月05日 00時05分 ]

芒種(6月5日)のころの着物合わせ

6月5日は芒種(ぼうしゅ)です。
稲や麦など穂の出る植物の種をまくころのこと。


緊急事態宣言解除に伴い、
6月に入り、全国の博物館や美術館が営業を始めています。
そんななか着物ファンにとってうれしいお知らせが、
『花saku』編集部に届きました。


新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため会期が延長されていた
「特別展 きものKIMONO」の開催が決定したそうです。


鎌倉時代から現代までを通史的に総覧する、大規模なきものの展覧会で、
国宝、重要文化財を含む染織作品、
屛風や浮世絵などの絵画作品などが展示されます。
安土桃山時代の小袖から、岡本太郎デザインの絵画のような振袖まで
豪華絢爛な作品の数々は一見の価値ありです!

会期:2020年6月30日(火)~8月23日(日) 
場所:東京国立博物館 平成館
※会期は変更の可能性あり。
※混雑緩和のため、入場にはオンラインでの「日時指定券」の予約が
必要となりますのでご注意ください。
※詳細は下記、公式サイトよりご確認ください。


▼「特別展 きものKIMONO」公式サイト▼



…◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎ ●

芒種のころのきもの合わせ

きもの/単、絽、紗袷など
帯/絽、麻、絽綴、博多献上などの夏帯 
長襦袢/絽、麻
半衿/楊柳、麻、絽
帯揚/絽
帯締/夏用

…◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎ ●

1211109_s.jpg