このページを編集する
問い合わせ

 2019年8月  

SunMonTueWedThuFriSat
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

教えて安田先生 きもの塾

装賀きもの学院の学院長安田多賀子先生が伝授する「教えて安田先生 きもの塾」。
目からウロコのためになる連載です。

 
kimonojuku_yasuda.jpg   
 安田多賀子
(やすだたかこ)


 
プロフィール 安田多賀子(やすだたかこ)
SOHGAグループ代表、装賀きもの学院院長、
小笠原惣領家三十二世直門礼法講師、小笠原家茶道古流師範、衣紋道髙倉流たかくら会中部道場会頭、(一社)全日本きもの振興会専任講師、NPO法人和の未来理事長、岐阜市在住

装賀きもの学院 http://www.sohga-g.jp/
806180件を表示中
2014年08月20日
きものを着たからといって、家のなかで立ったままではいられません。電車に乗ったり、階段を上ったり。出先では座ったりもします。動けば着崩れするのは当たり前。雑誌などできれいに着付けた写真をご覧になっているので、気にする方は多いのですが、動作に伴いしわが出るのは当たり前のこと。どこまでが許容で、どこか...
2014年07月20日
第74回でつくった袖襦袢をきものにつけます。 楽しいお出かけ、おしゃれなきものはすぐそこです。 きものに袖襦袢をつけるのは思っているよりもずっと簡単です。   きものにつける場合 1 きものの袖とつくった襦袢の袖を重ねて寸法を確認し、きものの身頃側から身八つ口を通し...
2014年06月20日
夏のきものは涼やかに着たい。そこで、涼しくきものを着るためのひと工夫です。振りから見える袖があれば、衿襦袢プラス袖で、長襦袢を着ていなくても大丈夫。衿襦袢の見頃を木綿でつくっておけば、洗濯機で洗えるので気持ちがいいですね。また、ビンテージなどを購入した場合、袖の長さが手持ちの長襦袢と合わないこと...
2013年12月01日
           
2013年09月20日
           
2013年05月20日
         
2013年03月20日
  安田多賀子 先生の“目からウロコ”のきもの塾     
2013年02月20日
  安田多賀子 先生の“目からウロコ”のきもの塾 
2013年01月20日
  安田多賀子 先生の“目からウロコ”のきもの塾     
806180件を表示中