このページを編集する
問い合わせ

 2019年11月  

SunMonTueWedThuFriSat
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

教えて安田先生 きもの塾

装賀きもの学院の学院長安田多賀子先生が伝授する「教えて安田先生 きもの塾」。
目からウロコのためになる連載です。

 
kimonojuku_yasuda.jpg   
 安田多賀子
(やすだたかこ)


 
プロフィール 安田多賀子(やすだたかこ)
SOHGAグループ代表、装賀きもの学院院長、
小笠原惣領家三十二世直門礼法講師、小笠原家茶道古流師範、衣紋道髙倉流たかくら会中部道場会頭、(一社)全日本きもの振興会専任講師、NPO法人和の未来理事長、岐阜市在住

装賀きもの学院 http://www.sohga-g.jp/
82120件を表示中
2019年10月17日
きものはフォーマルもカジュアルも同じ形ですが、目的によって、素材や模様が異なります。 きないのかといえば、そんなことはありません。 では、同じきものはひとつの用途にしか養 同しきものも着付けやヘアスタイル、帯の合わせ方で多くの場面に対応できます。 "きものは魔法使い"というゆえんです。1枚のきものを数...
2019年09月20日
着ていて楽な着付けのポイントはなんといっても紐使い。これさえ秋冬区すれば、きものはとても楽に動きやすく着ることができるのです。1、裾合わせをして、腰 紐をしっかりと結びます。前の裾は足の甲にかかる くらい、後ろの裾は床すれすれにしましょう。腰紐はウエストと腰骨の間 くらいが理想です。腰骨にかからない...
2019年08月20日 着付け 
きものを着たからといって、家のなかで立ったままではいられません。電車に乗ったり、階段を上ったり。 出先では座ったりもします。動けば着崩れするのは当たり前。 雑誌などできれいに着付けた写真をご覧になっているので、気にする方は多いのですが、 動作に伴いしわが出るのは当たり前のこと。 どこまでが許容で、ど...
2019年07月20日
蒸し暑い日が続いています。きもの好きのみなさんに夏もきものやゆかたを快適に楽しんでいただくために、「おすまし」ゆかたとしての着こなしにびったりの半幅帯の変わり結びを紹介します。汗対策も必修です!    衿襦袢を付け、ゆかたを着ます。まず、帯の中心を前中 心にとり、てを右肩に預けて二巻...
2019年06月20日
帯や小物のコーディネートと着付けの仕方で、同じきものをフォーマルに着たり、カジュアルに着たり。 一枚のきものが見せる千変万化の表情を楽しむのが、きものの曜翻味でもあります。今号はシチュエーション別にポイントを押さえてみました。    娘の大学入学祝いの会食に出席。大柄の染のきもの...
2019年05月20日
ゆかたを脱いだらその瞬間から次に着るときの準備が始まっています。 たたみ方のポイントはシワを作らないようにすることです。 次に着るときのことを考えながら、丁寧にたたんでみましょう。    【1】自分の身体に対して、白側を左に程側を、右に平行に置きます。【2】手前の脇縫いで手前の身頃...
2019年04月20日
体形の悩みは、女性ならばみなさん人それぞれにお持ちではないでしょうか。 今号は、ほっそりした体形の方の着付けをチェックしながら体形に合わせた着付けの勉強をしてみましょう。 ちょっとしたことで、着姿が一段ときれいになりますよ。      【NG】補正を入れていないので、きものが上半身に...
2019年03月20日
長めの半幅帯が1本あると、カジュアルきものに合わせて、さまざまな形に結んで楽しむことができます。いつものお太鼓とはちょっと気分を変えたいときに、気軽なお出かけのときに、挑戦してみてください。 半幅帯を結ぶ   1、 半幅帯の場合、伊達締は少し下目に巻き、鬱しろのおはしょりも、な...
2019年03月20日
粋好みの方に人気の角出し結びを、一重太鼓を応用する形で結んでみましょう。 お太鼓の中を整理するプロセスを省けるので、一重太鼓よりもかんたんです。 帯はなごや帯を使います。お太鼓の位置が低いので、ヒップが気になる方にもおすすめです。 角出し結びを結んでみる   1、ハンドタオルま...
2019年02月20日
きものと重ね着感覚で着ることのできる羽織は、きもののおしゃれアイテムの一つです。帯結びに自身がない初心者の方にもおすすめです。羽織は室内に入っても脱がなくていいといわれていますが、TPOによっては、脱いだほうがいいこともありますので、まずは美しい羽織り方と、立ったまま脱ぎながらたたんでいく方法をお伝...
2019年01月20日
卒業式の袴姿。初々しくも華やかさが漂うものです。着付けは一見、難しそうですが、きものの着付けができれば大丈夫。学生時代、最後の思い出にぜひトライしてみてください。 袴を着けます      1、    袴の前身頃の前紐を、丈を見ながら当てます。   2、&nbs...
2018年12月20日
きものを着て、さあ、お出かけ。自分も周囲もとても華やぎますが、ともすれば「行きはよいよい、帰りは怖い」状態に。でも、補正をすることと、出先でも着崩れを直す方法を知っていれば大丈夫です。もっとも典型的な状態“帯が下がる”の対応をご紹介します。 帯が下がってきたときの対処法  ...
2018年11月20日
正しく持ち 正しくしまう   ■帯に預けるとき 1、右手を時計回りに回転させ、自分のほうに縦に向けます。要が自分の方です。 2、左手をすべらせるように下げ、右手に寄せます。・・・続きは本誌をご覧ください。和の生活マガジン『花SaKU』 年間購読お申し込みはこちらから
2018年10月20日
きものは、合わせる帯や小物によって、TPOを変えていくことのできる便利な衣装です。秋から冬はイベントやパーティーなど、きものでのお出かけの機会が多くなります。コーディネートを楽しみながら、一枚のきものを多いに活躍させてください。   ぼかしの上品な訪問着で紅葉狩りに コーディネート①薄いすみ...
2018年09月20日
秋は、結婚式や七五三などの行事できものの出番も何かと多いシーズンです。そこで今月は、七五三の前に、お子さんのきものの腰上げ、肩上げの仕方をご紹介。ゆかたやお正月のきものなどにも応用できますので、小さなうちから着る機会を増やしてあげたいですね。 肩上げを縫います 1.背中心と袖付け...
2018年08月20日
ゆかたをもっと快適に着ていただくためのちょっとしたコツをご紹介します。まずは汗対策。夏のきものにも応用できますので、取り入れてみてください。また、シミについては、あくまでも外出中の応急処置です。シミをつけてしまったら、なるべく早く呉服屋さんに持って行って相談しましょう。   足が痛...
2018年07月20日
シンプルなワンピース感覚で、帯や小物を変えていけば、きものを着る機会は増えて、ますますきもの上手になっていくものです。夏は、木綿のきものとしても着られる上質なゆかた、またはゆかたとしても切られる木綿のきものも一枚あると重宝します。   一重の段ぼかしのきもの ①&n...
2018年06月20日
「夏にゆかたを着る」。それだけでもとってもすてきなことですが、もうワンランクアップさせて立ち居振る舞いやマナーにも心がけたいものです。きもののときと同じなので、実際にできているかどうか、ぜひここでおさらいをしてみてください。今回は安田先生自らモデルとなってお手本を見せてくださいました。 ...
2018年05月20日
立ち姿、歩き方、居住まい……、きものを着ると普段は意識しなかった立ち居振る舞いが気になります。特に、目上の方の家を訪問したり、お世話になっている方へのご挨拶にうかがうときは、失礼にならないようにふるまいたいものですが、基本は、相手を思いやる心があれば大丈夫です。今月は、家に上がる、座...
2018年04月20日
きものが楽しい季節になりました。さあ、お食事へ、街へ、美術館へ、音楽界へ……。後ろ姿が注目を集めるのはもちろんですが、自分ではそれほど気にならなくても人からよく見えるのが横姿。傍から見える帯揚も大きなポイントになります。きものと帯に色を加えたり、なじませたり。帯揚がすっきり決まってい...
82120件を表示中