このページを編集する
問い合わせ

 2019年6月  

SunMonTueWedThuFriSat
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

教えて安田先生 きもの塾

第134回 同じきものをフォーマルとカジュアルに
2019年06月20日
帯や小物のコーディネートと着付けの仕方で、同じきものをフォーマルに着たり、カジュアルに着たり。 
一枚のきものが見せる千変万化の表情を楽しむのが、きものの曜翻味でもあります。今号はシチュエーション別にポイントを押さえてみました。

  


娘の大学入学祝いの会食に出席。
大柄の染のきものに、細かい柄の袋帯を合わせました。写真では見えにくいのですが、 伊達衿を入れてあります。春なので帯締、帯揚も明るい色にしてまとめました。入学式に列席の場合は、紋付の色無地が理想です。




同じきもので仲の良いきもの仲間とお花見に。
きものの柄から一色を取った帯を合わせ、やわらかな印象にまとめました。八掛ともに同系色で溶け込んでいます。帯をきものの色と反対色にするとモダンな印象になります。帯が無地なので帯締は柄ものに。帯揚の黄色が春の明るさをかもし出します。

・・・続きは本誌をご覧ください。

和の生活マガジン『花SaKU』 年間購読お申し込みはこちらから