このページを編集する
問い合わせ

月刊誌「花saku」最新号について

月刊『花saku』2019年7月号(梱包発送料込み)

令和元年 女田多賀子先生の
日本女性 装いと振る舞いの心得指南


平成時代が終わり新天皇が即位された今、皇室の方々をはじめ、スボーツ選手などまで「フォーマルきもの姿」を目にする機会が増えています。
流行り廃れの激しい洋服よりも、フォーマルきものは一生物です。
「きもの盤」でおなじみの安田多賀子先生に、装いの装本やマナーなどを詳しく取材しました。 

  

表紙について

京紫(きょうむらさき)色
赤みがかった紫色。京都で染めた紫色という意味が込められ、古くから伝わる紫根染めの色。青みがかった「江戸紫」に対してつけられた色名です。


目次

2 季節の風に包まれて 吉本忠則の花扇画の世界

4 片岡亀蔵の家内でございます16 JOY!!/片岡明美

5 茶の間でChachacha 4 なんてったって、フレッシュが一番/いしだ園 由美子

6 彩食レシピ16 ジャガイモのだしサラダ/茅乃舎

7 温もり手芸教室4 便利に持ち歩ける♪ ラウンド巾着バッグ

8 特集 令和元年 安田多賀子先生の 装いと振る舞いの心得指南

20 日本全国染織探訪「北の風と南の海と」247 本藍染/本藍染雅織工房

24 出逢えてよかった きものとわたし/第181回 田村幸士さん

26 教えて安田先生 きもの塾/第134回 一枚のきものをフォーマルとカジュアルで着こなす

28 簡単 素早い 髪型レッスン 第4回 ゆかたに似合うアップヘア

30 草履でさんぽ/第277回 夏の風物詩「花火」の歴史を探しに両国へ

32 街で見かけたきもの美人

34 たんすコンシェルジュ もったいないの玉手箱52 どこまでいくのか温暖化 10月に結婚するという娘

35 おしゃべり倶楽部

36 インフォメーション/朝倉染布 超撥水風呂敷「ながれ」」ほか

37  愛読者ハガキ・読者プレゼント・バックナンバー

39 次号『花saku』ご案内

特集

特集おすすめページ

日本全国染織探訪