このページを編集する
問い合わせ

月刊誌「花saku」最新号について

月刊『花saku』2020年3月号(梱包発送料込み)

チラ見せこそ気になる
襦袢の楽しみ、裏のこだわり

 

 

しなやかな着姿の袂(ルビ:たもと)や裾からチラりとのぞく八掛や長襦袢のお洒落度効果は、 影響大。
見事な紬がいま風に見えるか、昭和レトロに見えてしまうかも、八掛の色次第だったりします。
普段は見えないけれども、着心地、 そして、着姿の仕上がりにも大事な襦袢、 裏物をちょっと気にしてみませんか。

表紙について

薄紅梅(うすこうばい)色

 

紅梅の花の色が由来で、やや紫がかった淡い紅色。
淡く儚いこの色は春らしく、今も昔も女性に人気の色です。




目次

2  季節の風に包まれて 吉本忠則の花扇画の世界

4  片岡亀蔵の家内でございます24 たぶんオーライ/片岡明美

5 茶の間でChachacha12  ハナヒラク「さくら茶」/いしだ園 由美子

6 彩食レシピ24 春野菜のピクルス/茅乃舎

7 温もり手芸教室12 和柄の生地で作る 花のネックレス

8 特集
チラ見せこそ気になる
襦袢の楽しみ、裏のこだわり

20 出逢えてよかった きものとわたし/第188回 あべ静江

22 日本全国染織探訪「北の風と南の海と」250
手織り真田紐/西村幸 操

26 教えて安田先生 きもの塾/第142回 長襦袢で衣紋を決める

28 簡単 素早い 髪型レッスン/第10回
卒業式や入学式に お出かけヘア

30 草履でさんぽ/第284回 都会のくつろぎ空間 日本橋人形町さんぽ

32 街でみかけたきもの美人

34 たんすコンシェルジュ もったいないの玉手箱60 大量に出てきた紐の功罪

35 おしゃべり倶楽部

36 インフォメーション/浜 裕子 著/『お茶と和菓子のテーブル12ヵ月』

37 愛読者ハガキ・読者プレゼント・バックナンバー

39 次号『花saku』ご案内

特集

特集

日本全国染織探訪