このページを編集する
問い合わせ

 2020年3月  

SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

花sakuブログ

『花saku』4月リニューアル号 発売中!
2020年03月21日

こんにちは。

何かと落ち着かない状況が続きますがこんな時こそ、

いつも通りに美しく咲いてくれる桜の美しさが、

こころに沁みます。

 

満開の桜の下で宴会が出来なくたって、

通りかかりに見かける桜、

ビルの隙間に見られる桜、

誰かがメッセージと共に送ってくれる桜の写真。

ちらりとみられるだけでも自然と和んでしまいます。

きっと、桜を愛でる才能は、

日本人のDNAに組み込まれていますね。

 

さて、
『花saku』は毎年4月にプチリニューアルを続けてきましたが、
今年は、全体的にデザイン一新!
リフレッシュスタートで、発売となりました。

 こちらの表紙、いかがでしょうか……

202003hyoshi.jpg


巻頭特集はコチラ ↓ ↓ ↓

「桜舞う蔵の町

 きもので楽しむ 信州須坂の大人散歩」

 

まさに、きもの姿がみごとに映える須坂の町並み。

しかも、桜が咲いているとあっては、

「そうだ、須坂、行こう。」的ポスターのような

写真が撮れてしまいます。

今回ご参加いただいた読者モデルさんたちのお写真も、

素敵なものばかりで、たっぷり迷ってしまいましたので、

掲載できなかったお写真もチラ見せさせていただきます〜

 IMG_3738s.jpg 

 

まず訪れたのは、豪商の館 田中本家博物館さん。

とても気さくなご当主 田中宏和さんのガイドで敷地内の桜を眺めつつ、

博物館に飾られた着物の美しさ、

何より保存状態の素晴らしさに感動。

田中本家の代々の皆さまが長きにわたり、

物を大切に愛されてきた結果ですね。

 IMG_4539s.jpg

 

昨年の4月にロケさせていただいたお写真ですが、

ご当主に今年の桜の様子をお電話でお伺いしたところ、
いまはまだ蕾の状態ですが、

今年はとりわけ美しい桜が期待できそうとのことです!

IMG_4570ss.jpg

そして!

ちょうど桜が見頃となりそうな4月4日からは、
江戸友禅をテーマとした展示がはじまります。

 きもの好きには、たまらない内容になっているそうです。

詳細はこちらから↓↓↓

 

三百年の伝統美 江戸手描き友禅

「寺澤森秋の世界」

会期:44日(土)〜7月6日(月)

 (定休日:火曜日/GWも開館予定)

会場:田中本家博物館

 

*コロナウィルス対策には万全を期していらっしゃいますが、

 開館時間の変更の可能性もありますので、

 博物館へ直接お問い合わせください。

 

趣ある日本家屋内でのお食事や、喫茶も営業されています。

お元気な方は、ぜひお訪ねになってみてください。

こんなときこそ、心にも栄養を。

 

 

そのほか、ゆっくりと時が流れる

こんな場所もオススメしています!

 

岡信孝コレクション

須坂クラシック美術館

 IMG_3833s.jpg

 
IMG_4698s.jpg

新旧、たくさんの銘仙を見せていただけます!

かわいい布小物のお土産ショップにも立ち寄ってみてください。

 
さらにもう一軒!


旧小田切家住宅

製糸業が盛んだった須坂で、
呉服をはじめ、蚕種や製糸などに幅広く尽力した小田切家。
旧家跡の敷地内で、ゆっくり食事もできるギャラリー付き
サロンのようになっています。

IMG_4968s.jpg

現在は希少な「須坂焼」展示会も開催中です。

 

帰り道に、編集部一同で立ち寄ってしまったのが、

遠藤酒造さん。
IMG_3844s.jpg

閉店間際だったにも関わらず、試飲までさせていただき、

ついついお土産が増えてしまいました(笑)。

 

須坂市は、観光客へのおもてなしにも厚い町。

お得な情報などを教えてくださる
須坂市観光協会さんサイトもご参照ください。

 

 

***************

 

連載「日本全国染織探訪 北の風と南の海と」には、

京都で親子三代にわたって、こだわりの長襦袢と裏地を専門でつくられている

老舗浅見さんが登場!

 IMG_0860.jpg

かつてはきものが好きではなかったという三代目 浅見崇史さんが、

稼業を継ぐことになってから、ご自身で驚くほどきものにはまったこと。

それゆえ、着る人の立場でとことん丈夫で気味の良いものをつくりたいと、

日々奮闘していることなど、熱い思いを伺いました。

IMG_0407s.jpg

4月号の長襦袢特集でもお伝えしましたが、

きもの姿を着心地良く、美しくしてくれる土台となる長襦袢、

そしてきものがより大好きになるというほどの裏地の世界。

ぜひお読みください。

 

前号ブログでご紹介の大柴宗徹(ルー大柴)さんの茶道のページ以外にも、
茶花や草木染をテーマとした新連載がはじまっています。

ぜひお手にとってご覧くださいませ。 

 


◆◆◆ 和の生活マガジン『花saku』の購読お申し込みご希望の方はこちらからどうぞ ◆◆◆     
                ⇒ saku ON LINE

タグ: 着物    須坂  田中本家  博物館  クラシック美術館  旧小田切家  観光  長野    浅見