このページを編集する
問い合わせ

 2019年7月  

SunMonTueWedThuFriSat
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

花sakuブログ

和の生活マガジン『花saku』8月号 松阪もめん特集。 いよいよ、明日発売です!
2019年07月19日

文月下旬となりました。

暑すぎるのもつらいけど、

気温も上がらず薄物を着るにも、体感的に何だかピンと来ないような。

そろそろ、お日さまが恋しくなってきました。

 

どうも気分がパッとしません~~! という方。

お待たせいたした。

『花saku』8月号の発売です。

5月にロケ状況をチラ見せしておりました

「松阪もめん」特集です!

 IMG_0381.jpg 


藍染の縞柄を基調とした「松阪もめん」は

松坂嶋(マツザカジマ)」として

江戸っ子を魅了した最先端ファッションでした。

いまでも変わらぬシンプルで洗練されたデザインが、

その着心地の良さと共に愛され続けています。


IMG_4338.JPG

 

 

さらに伊勢路・東海道界隈では、

手織を楽しんで続けられている4チームの活動もご紹介。
p14.jpg

・「ゆうづる会」(三重県松阪市)

・「しおり会」(三重県津市)

・「手機場」(愛知県蒲郡市)

・「尾張もめん伝承会」(愛知県一宮市)
各地で特色を生かした手織りもめんが織られています。

 

 

それもこれも、快く窓口を引き受けてくださった

老舗呉服店チーム「松阪きもの工房」の社長さんたちのご協力によるもの。

本当にありがとうございました!!

老舗チームおすすめコーデも、気になります。

p22.jpg




お陰様で一冊まるまる松阪もめんで埋め尽くされています。

特集以外の関連ページをチラ見せすると・・・

 

・「日本全国染織探訪」

 松阪もめん / 御絲織物(みいとおりもの)/ 三重県多気郡

 IMG_42372.JPG


現在、唯一残る松阪もめんの老舗メーカーが「御絲織物」。
IMG_4911.jpg

時代を感じさせてくれる織工場の佇まいにもグッときました。

「御絲」という特別な名の由来も読み解いてください。

IMG_3148.JPG

 

・「きものとわたし」

 「りかりこ」さん(双子モデル&クリエーター)

 IMG_0382.jpg

SNSでも大人気の双子モデルさん。

松阪市のブランド大使として、なかなか見られない

松阪もめんきもの姿で登場です!

  

・「街で見かけたきもの美人」 松阪編 

松阪独特の厄まいり「宝惠駕篭道中行列」を中心に

地元 読者モデルさんだちによる生きた

松阪もめんの着こなしをお楽しみください。

  

・「草履でさんぽ」

 松阪もめんで母娘さんぽ 

 ~伊勢神宮に仕えた「斎宮」の宮殿へ~

IMG_0383.jpg

 「幻の宮」とよばれた「斎宮」。

その存在を今に伝えてくれる特別な場所を訪ねた

仲良し母娘さんのおさんぽのご紹介。

 

 

そしてウレシイ読者プレゼントも、

全て松阪もめん小物です~!

 

藍色の縞々を眺めているだけで、

なんだかスカッとしてきますよ。

ぜひ、お手にとってご覧ください。

 

 

その他の連載も、美しく元気になれるページがいっぱいです。

 

・「茶の間で cha cha cha

ミネラル補給もお茶まかせ

 

・「彩食レシピ」

牛肉と牛蒡の金平

 

どうぞ、丸ごと一冊楽しんで、

今年もすてきな夏をお迎えください。

 

 

  ◆◆◆ 和の生活マガジン『花saku』の購読お申し込みご希望の方はこちらからどうぞ ◆◆◆     
                 saku ON LINE

 

タグ: 和の生活マガジン 花saku 松阪 松阪もめん 松坂嶋 松阪木綿の紡織習俗 無形民俗文化財 松阪もめん手織りセンター 松坂観光交流センター 御絲織物 あの津嶋 しおり会 ゆうづる会 三河木綿 手機場