このページを編集する
問い合わせ

二十四節気と季節の着物合わせ

[ 2020年05月20日 10時00分 ]

小満(5月20日)のころの着物合わせ

5月20日は小満(しょうまん)です。
万物の成長する気=いのちが次第に満ちてくる頃のこと。
草木、花、鳥、虫、獣、そして人が日を浴びて輝き始める季節です。

まもなく6月。
梅雨入りのタイミングが気になるところですが、
今注意すべきなのは「熱中症」ですね。
5月の半ばから「熱中症」の文字が
メディアで報じられるようになりました。

熱中症予防のひとつが「体温を下げること」
昨年は携帯の扇風機が爆発的に売れましたが、
夏着物や浴衣のときの冷やしグッズといえば、扇子でしょう。

気象庁による3カ月予報では、
今年の夏の気温は平年並みか高めとのこと。
この夏も扇子は大活躍しそうです。

夏の和装小物の必需品となる扇子。
持ち方、使い方のマナーは広く知られていますが、
「扇ぎ方」にもマナーがあるのをご存じですか?

他人が起こした風が顔にあたると不快に思う人もいます。
コロナ禍にある今夏は、特に注意が必要です。

扇子の風は横ではなく、縦に起こすようにします。
可能な限り、自分の顔の下から顔の上に向けて扇ぎましょう。

「扇ぎ方」のマナーを守って、快適な和のライフを過ごしたいですね。


…◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎ ●

6月に着たい文様

雨、海、雲、蛍、紫陽花、百合、アザミ、夏椿、傘、くちなし、
鉄線、舟、橋、露芝、七夕、糸巻、短冊、睡蓮(すいれん)

…◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎ ●

479211_s.jpg